※トップ以外に表示されます。自由に編集してください。

サンプル画像468/60
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
セキトリとブローカー
帰宅後、飯を食いながらTVをつける。
この時間はアニメばっかりなのですね。ハチクロを見ました。
ファンの人ごめんなさい、僕は全くハチクロの内容知りません。

とりあえず男のキャラクタの口が横に広くて
口が裂けているように見えました。

メガネの「傷つけても構いません、僕は傷つきませんから。」と
灰色の髪の毛の「君に会いたくなった。だから帰ってきたんだ。」
という台詞に春雨スープを啜りながらニヤニヤしてました。
これか。こういうのがハチミツなのか?女の子感動して泣いたもんね。
その涙はハチミツだよ?的な?解釈で?OK?

最近ずっと、スタジオ帰りの車内で言っているテトリスのアニメ化を
ぜひとも実現してもらいたいものです。

次回、テトリス the animation 「L字ブロックの罠」
君にテトリス―

みたいな。おやすみ。
スポンサーサイト
将軍summer
ライブ前、渋谷の東急ハンズ内を酒飲みながら徘徊。
人呼んで人間の屑。あえて言おう、カスであると!

生まれて初めてお酒を飲んだ状態でライブをする。
結論として、酒が入ってた方が良かった。
余計なこと考えなくなって非常に良い。

昨日はライブ一時間前にビール一缶
開始前に焼酎コップ半分で、ちょうど良い感じだった。
もうちょっと酔いが回るとベストだった気がする。
酔えば酔うほどグルーヴする酔拳べーシスト。
飲みすぎて失敗という笑えない事態は回避しなくてはいかんので
気をつけなくちゃいかんけど。

そろそろ、弦を張り変えなくちゃいけません。
新品の弦の音は大嫌いです。苦手とか通り越して心から嫌いです。
心の底からヘイトです。ヘイト。
でも、アンサンブルに迷惑をかけるわけにはいかないので
交換します。バンドは調和。これからも新品の弦を弾き続けます。
でも言い続けます、新しい弦の弾きづらさは最悪。
張り替えるたびに、知らない楽器に変わったみたいでイライラする。
いいかげんメーカーは切れない&劣化しない弦を開発して欲しい。

あらゆる物事のローカルな面白さが見えている時は
ごちゃごちゃ考えんと、楽しむのが一番。
ただでさえ精神状態が不安定な僕なので
晴れている時はシンプルに行きたいものです。
ウミネコ
セットリスト候補曲を一通り練習。
久々に弾いたウミネコは本当に良い。
身内びいきなしで心の底から名曲だと思う。

この弾くたびに寿命を削りそうな曲を解放できる力をつけたいな。

今日は「これは会心の出来」だと思って、ここ最近作っていた曲が
yueyの曲の無意識コピーだったので軽く憂鬱になりました。
悔しいので完成させて送りつけてやろうかと思います。
ちきしょー!
280円シリーズ vol.1
てなわけで、280円で買う輸入盤シリーズ
記念すべき一枚目。

ミルトン・ナシメント「ナシメント」

「ミナスサウンド」と形容されるブラジルの音楽で
ボサほど洒脱じゃなくて、フュージョンほど水っぽくなくて
ジャズほどエモーショナルじゃない。
浮遊感と土臭さが程よいバランスで共存していて
かつ、他にないメロディと結構無茶をするリズムが相まって
世界的に見えも非常にレベルの高いポップスだと思います。
ブラジルはやはりすごい。

で、このアルバムは正直あまり良くなかった!!
勿論何曲かは来たが、キャリア初期の名盤に比べるとさすがに…。
1と6が良かったな。あとはバラッドが多かった。
どういうコード使って、どういう進行なんだろうな。
ショウヘイか卓なら、わかるかしら?

280円で、2曲良いと思える曲が手に入ったのならお買い得。
次は何にしようかな?
サーストンムーアのソロか、タンジェリンドリームか、パンテラ。
夢のよう
オシム氏が代表監督候補らしいですね。
ツネ様ーとか言ってる女子供は知らないだろうが
まごうことなき、名将でございます。

しかも、どこかのスポーツ新聞の飛ばし記事には
ストイコビッチも加わるとかなんとか。
すごいな、選手よりスタッフの方を応援したくなってしまうね。
所詮はスポーツ新聞だけど。

そんな、めでたい話題なのだが川渕キャプテンのあの会見は卑怯だ。
川渕キャプテンの功績は認めるが、それはそれ。
あのやり方は、どう解釈しても汚いといわざるを得ない。

あのやり方は、ジェフファンをなめてるとしか思えない。
ジェフにとってオシムがどれだけ特別な存在かなんてことは
少しでもJリーグに興味があれば、わかるだろうに。

それを自身への批判をかわすための材料に使うのは失礼ってもんだ。
逆に政治が巧いとも言えるけど。アレは一気に心証を悪くしたね。
偉くなると色々大変なんだろうな。
スポンサーとか、諸団体への配慮とかさ。
五月蝿そうだモンね、あそことかさ。

俺なら暴露本かいて国外逃亡だな。
で、変死体で発見。超カッコいい!!!
キャンディーズの、あの有名な曲(曲名が判らん)が
メチャクチャカッコいい。ギターの音がやばすぎる。ロック。
カバーしたい。
ベストゲーム
アルゼンチン対メキシコ

これぞワールドカップ。
両チームとも素晴らしいね、鼻血でそう。
マルケス、カッコよすぎです。

日本の目指すサッカーはメキシコとチェコの真ん中辺りだと思った。
メキシコのDF陣の冷静さは一体どこから来るのだろうか?

スウェーデンは予選の試合運びを見ていて
これはドイツには勝てないだろうな、と思っていたが
ラーションがPK外したのだけが悔やまれます。
お疲れラーション。

今日の二試合は、ブラボーでした。
本戦はやはり気合のノリが違うね。
いやはや
タラレバを言ったらキリがないけど、あのロナウドのヘディングを
防げたらな。悔しいな。中沢と川口は今日寝れないだろうな。

中田は、これが最後の大会かと思うと
見ててちょっと泣きそうになった。
そういうウェットな感情が日本のサッカーを強くしない原因の
一つなのだろうけど、やっぱり他の選手とは思い入れが違うから
最後のシーンはグッと来た。
それが広告代理店の仕掛けだろうと、なんだろうとさ
日本人でもあそこまでやれるって思わせてくれたはじめての選手。
ヒーロー。3試合でどれだけ走ったと思ってんだ。
お疲れ様。クラブチームでもう一花咲かせてください。
ネドベドといい、中田といい、名選手の最後は寂しいね。

といいつつ、ブラジルどんだけ強いんだよって思った。笑った。
ありゃ勝てねえな。ありゃ勝てねえ。強くて面白い。最高。
なんだよあのシュート。魔球じゃねえかよ。

日本のスポーツもそろそろ悲壮感とオサラバしないとダメだね。
なんか見てて辛そうなんだもん。敗者の美学も良いけどさ。
中村のインタビューとかなんかもう死にそうだったし。
上で言ってることろ矛盾してるケドさ。

フットボールは続く。
死ぬまで見るぞ。
在庫処分
倉庫に眠っていた輸入盤CDを一枚280円で投売りするとのことで
欲しいのあったらキープして良いよとのことなので
ダンボール7箱を物色。計20枚をピックアップしたので
バイトに行く度に一枚買うことにしようなので。

お客さん悪いねー。
良さげなブツは全部頂いたぜ。

輸入盤のCDケースのシールが剥がし辛くてイライラするそこのアナタ!
アレはケースのフタを外してから取ると1秒で剥がせるよ!
チェコ負けたー。初波乱だ。

さあ、後3時間です。

稲本がやってくれそうな気がします。
超頑張れ!!!うおおおおおおおぉぉ
おいらスナイパーになる。
今日は、パスポートに申請に厚木へ行き
帰りに江ノ島でフジツボのフライを食べました。
フジツボは、ホタテっぽい味で意外にも美味しかったです。
最初にフジツボを食おうと考えた奴を尊敬。おなか減ってたんだろう。

日本で職業としてスナイパーは存在するのか?
いたとして、スナイパー稼業だけで飯を食っていけるのか?
スナイパーについて深く考えた一日。

やっぱり海は良いな。
スペインに行きたい。
まずは日帰りで台湾に行こう。
apart(無意味だから読むな)
佐々木敦氏の6/20日のブログにある
「価値観のセグメンテーション」についての文章は
今の日本が陥っている悪夢のような状況を
非常に明確に説明しており
より多くの人に読まれるべき文章だとか思った。

既知への安心の方が、未知からの刺激よりも
エンターテイメントとしての強度として上回ってるんだよね。
わけわからんよ。

泣きたい時はコレ!!みたいなさ。
氏の文章の引用になるけど
全てが「ツール」としてしか機能していない。
しかも、「皆が泣いた」って保証がないと安心できないの。
「はい、ココは泣く所ですよー。泣いて下さいねー。」って。
エンタの神様なんか最たるもので
オチも動きも全部知ってて、それで笑うんだから。

さらに言えば、「ツール」として機能させたいってことは
曖昧な位置づけのものはダメってことでさ。
甘い/辛い/苦い、とか東西南北とかさ、喜怒哀楽とかさ
「ハッキリ」してないとダメなんだよね。

曖昧で繊細なのはダメ。
そのかわり「繊細」っていうキーワードを前面に出せば大丈夫。
「ああコレは繊細なんだ」って思わせれば機能する。
コレが「繊細」って認知させれば「ツールとして」機能する。
中身は問わず。
今更「芸術性」を声高に謳っても、その言葉だけを利用されて
「芸術」

「エロカワイイ」が流行ったのは、「エロ」と「カワイイ」っていう
二大シンボルが単純に足し算されたから。
以前なら(これがどれくらい以前なのかが
もはや判らないところがまた恐ろしいのだけれど。)
「エロ」と「カワイイ」は共存しなかったんだから。
エロの中にカワイイが内包されるか、またはその逆か。
その100の中のパーセンテージの度合いといった
曖昧な、さじ加減で差異が生まれていたのに対して

今は「エロ」が100「カワイイ」が100、二つで200だ!スゴイ!!!
みたいなさ。足し算しか出来なくなってる。アホの国。
まだ、足すのが二つだけど絶対そのうち「エロカワ○○」みたいに
どんどん増えてくんだよ。もう掛け算忘れてるから。

犯人はだれだ。
一つは情報を手に入れるインターフェイスの変化。
一つは書くとリスクが高い諸企業。
真犯人は?

色んな人たちが、2000年以降ずーっとこういったテーマを扱っており
とても示唆に富んだ文章を見かけたが、主義主張は違えども
その殆どが「変わってしまった」という変質前の世界からの視点が
多い。しかも多くが、その変質を「嘆くべき」変化と見てる。

僕は、むしろ楽しめば良いと思う。
変わってしまった世界の側に育った身として
(年齢的には向こう側だが自我に目覚めたのは16歳くらいだし。)
今の僕らを取り巻くインターフェイスは「あることが当たり前」
もっと年下になれば、この問題提起が何について語られているのかすら
判らない人が増えるだろう。それでいいじゃない。

これから先、嗜好/思考だけじゃなくて経済的にも
もっと明確な格差が出てくる。
でも日本は所得階級と音楽は結びつかない。

(中略)

音楽家に残された道は「キャラクタ化」と「職人芸」の昇華。
だから手法そのものが名詞となり、演奏行為そのものが芸となる
元オフサイト周辺の連中は圧倒的に正しい。狙ったのかは知らんが。
けど主流にはなりえない。華がない。バカが嫌う。

だから、スタンダードナンバーってやつがヒント。
落語だよ。落語。ああほらクドカンはやっぱり早いな。
ラーション祭り
ras.jpg


やはり役者が違うね。
朝も早くから叫んでしまったよ。
実写版ツインシュートだ。

良い夢見れそうです。
good night
朝だけど。

23歳病
これはもう学会に発表しちゃおうかってなくらい
ずーっと言っている話なのだけれど
男は17歳と23歳に非常にデリケートな時期を迎える。
女子にはわかるまい。女子の苦労は男子は分からんからな。
まあ、ハシカみたいなもんさ。

特に23歳病はめんどくさく、17歳病に免疫があるかないかで
その症状は大きく変わるのだけれど、とにかく男子はこの時期落ちる。
ここで落ちない奴は、34歳病で苦しむから要注意。

まあとにかく、吉岡がめでたく23歳病を突破しつつある7.
次はそろそろフカワ君が23歳病のシーズンさ。

俺は23歳病発症時、散々落ちたし、混乱状態にあったし、
何度自分を信じることが出来なくなって
俺はバンドを辞めた方が皆の為になるんじゃないとか考えて
かなり限界に近い状態になったりもしたけれど

ある瞬間「バンドおもしれー」「楽器弾いてる俺サイコー」
「友達が作った名曲を友達と演奏するのってマジでおもしれー」
「アンプの音やべー」といった、音楽の最小単位の面白さみたいなもの
に感動する瞬間があって、それは普段のスタジオだったり、あの251での
ライブだったり(あんときゃ、半ばやけっぱちの中にも
このバンドのメンバーで居る誇りを感じた。おおげさだけどさ。)

まあとにかく、そういうきっかけの後は非常にバンドが面白くなる。
普段の態度は悪い(ごめんねー)が、
演奏中はとにかく面白くてしょうがない。
吉岡がやたらファズを効かせたソロを持ってきたり
フカワがピアスの間奏に面白いタム回しを持ってきたり
畠山が崩しを入れながら歌ったり。

フカワのブログを見ての通り、彼は今自分の意識と実力の差
待ってくれない周りの速度に苦しんでるし、自身を失っている。
非常に健全な23歳病の予兆。がんばりんしゃい。
俺のパートナーはお前だ。お前の妙に白人めいたドラミングや
八拍目が気持ちショートする間の取り方とか、やっと掴めて来たんだ。

何事も、辞めるのは簡単。
「やめる」といって、ベースをへし折ればその瞬間に終わる。
ただ、その瞬間に生きていく上で大切な部分も少し終わる。
たかが音楽、無くたって生きていける。つまんねえけどさ。

23歳病ってのは、一言で言えば「物事を難しく見せる病気」
吉岡の、今の発想方法を見ればよく判る。奴の思考方は非常に良い。
ディモールト良い。畠山はブレない男だ。

まあとにかく、頑張れってことよ。
桜木花道だって2万本練習して
やっとシュートが入るようになったんだから。
2万回演奏すれば巧くなるよ。自信もつくよ。

俺ら貧弱リズム隊は精進あるのみ。
今日のショウヘイのブログにあったけど、敵が目の前にいるうちに
戦えるのはラッキーだと俺もホントに思う。
敵が分からなくなってからじゃ、もうどうしようもないからね。

毎日がチャンス。日々精進。近道なんてないぜー。
気合で
川口がPKを止めた瞬間の近所の騒ぎっぷりに爆笑。
逆境に強いあの精神力はまさにヒーローだ。
勝たなくては予選敗退、相手はブラジル。
川口のためのフラグは全部立った感があるね。楽しみです。

日本は2002年がホームで、しかも予選のない
非常に楽な大会だったことを考慮すると
ワールドカップで、初めてアウェイで獲得した勝ち点1なんだよね。
しかも98年に負けたクロアチア相手に。
8年かけて、ちゃんと進歩してるんさ。いつかブラジルにも勝てるよ。
多分、次の試合普通に負ける。
でもその絶対的なドラマのなさもまたドラマ。

とにかく頑張れー!
井上陽水
を見に行ってきた。

パシフィコ横浜が会場なので、まずは飯だと中華街へ。
有名なお粥のお店で、三鮮粥を頂く。アワビうめー。
その足でダラダラと会場へ向かう途中
ドリームボートギターがあったので立ち寄る。
28日までには必ず!っておっしゃっていたよ。

で、パシフィコへ。
代表戦のパブリックビューイングがあるということで
ブルーのユニフォームを纏った若者達が沢山雨の中歩いておった。
女子に人気のユニは柳沢と宮本。ギャルっぽいコは中沢率高し。
男は、中田、中村がダントツに多かった。
女子+ユニは良い。非常によい。
願わくば代表のユニはアディダスじゃなくて
kappaに制作してもらいたいものだ。ベティスみたいなデザインで。

そして開演。
正直に言うと、それほど陽水氏の曲は
沢山知っていたわけじゃないのだけれど
ぶっ飛んだ言語感覚と、あの声を生で聴かされたら普通に感動しますね
「なぜか上海」という曲がめちゃくちゃ素敵でした。
少し前に見たコステロといい、陽水氏といい
アコギと歌だけという最小形態での歌ってのは
ごまかしが効かない分、ストレートに響いてきますね。
なにより声がでかい。

途中からバンド編成にステージチェンジ。
亀田氏と並ぶ、超売れっ子べーシスト
美久月氏のベースを初めて生で聴く。

バンドは非常に重くてロッキンなサウンドで
アンコールでやったパフィの2曲など、非常にファットな演奏でした。
まさにプロの音。バンドサウンド。バンドはバンドサウンド。

公演後、横浜駅の相鉄線の地下にあるお茶漬け屋さんに行く。
この店は本当にオススメです。

060618_2043001.jpg


上に乗せる具と、かけるダシを色んな種類の中から組み合わせて
好き勝手して食べれるお店で、なんとおかわり自由!ブラボー!!
貧民の強い味方!!!鯛茶漬けに京風だしで頂きました。鯛うめー。

昼は粥、夜はお茶漬け。液体万歳!!

そして、猛ダッシュで家に戻り
代表戦へ―
アルヘン祭り
20060617012319.jpg


強すぎ。
わしゃー、サッカー経験者じゃないから細かい事はわからんが
2点目のパス回しとかが、尋常じゃないことはよくわかった。
メッシもちゃんと点取ったし。バルサファンから言わせてもらえば
まだまだ、あんなモンじゃないぜ。
個人的なMOMはマスケラーノ。
アボンダンシエリのゴールキック精度高すぎ。

スコアは一方的で、後半は試合壊れていたけど
非常に面白いゲームだった。テベスの顔がちょっとカッコよくなってた
彼はアホ顔のほうが良いな。

実況の奴がマラドーナ、マラドーナ五月蝿い。
全然プレイスタイル違うっての。
倉敷アナに実況任せなさい。
ユングベリ祭り
20060616055939.jpg


ナイス勝利。
イングランドには、ズラタン抜きでも勝つだろうから
こりゃ一位通過だね。ブラボー。
六時間後にスタジオなので、仮眠を取るぜー。
あとはラーションのゴールを待つのみ。
ドイツの科学力は世界一ィィィィ!!!
20060616034444.jpg


ワールドカップ全試合TV観戦中。

日本は残り2勝すれば勝ち点6で二位通過。余裕余裕。
そんなことより、スウェーデン!!!トリニダード・トバゴの粘りには
軽く感動しちゃったけれどもラーション最後の大舞台、もっと多くの試合が見たい!
そして俺が応援するチームは今のところ全敗!!ブラボー!!
さあ試合だ!!!勝ってくれー!!!
thank you
I love you
ライブ終わり。
帰宅。
今日はいろんな人にありがとう。
本当にありがとうございます。

もう「頑張ります」という言葉すら
今の俺には放つ資格がないと思い知る。
自虐じゃなくてね。

本当に心の底から、出来ること全部やってやったぜって思える日が
来たら、最後にもう一度だけ一番大切な人の為に音を出そう。

ブログをしばらく停止します。
タダの日記にすれば良いんだよって、ごもっともな意見も今はナシで。
心配はしないでOK。俺には仲間もいる。

あったかくて、カッコいい音が出せる人になりたい。
今の俺じゃ無理。でもこのバンドなら出来る。だからやる。
じゃあ、ライブ会場とCDでお会いしましょう。
寝れん
どうしたことか、全然眠れない。
眠れないどころか、思い出し笑いが止まらない。
ガキの使いの罰ゲームで黒人シェフが「知らねぇ」って言うシーン。
なんで急に記憶からこのシーンが出てきたんだろう。
メッセージフロムへヴン?俺は天国いけねえだろうな。
嘘をつきすぎた。

朝焼けは寂しい。
10時に起きるから、まだ5時間は眠れる。
頑張って寝よう。
寝つきが悪いのはキャロルキングのせいだろう。
煙草でも吸うか。
kiss in the darkness
chu chu chu♪
flying kids 最高。

てなわけで、明日はライブ。
今日はメンバーが我侭な子猫ちゃんを引き取りに横浜に行った模様。
修理に出すたびに音が変わる猫ちゃんは、今度はどんな音で
鳴くのでしょうか?おしえて、杉田玄白先生♪

僕はというと、実家の庭にある中学時代をすごした
マイルーム(もはや物置)を改築し、プライベートスタジオ作成工事。
楽器持った状態の人間がギリギリ入るだけのスペースを何とか確保。
あとは、アンプとMTR設置で完成。一畳スタジオ。
ちなみに空調なんて当然ないので
夏は40度、冬は0度と、精神と時の部屋並にアグレッシブな
環境となっております。ダイエットにもってこいだね。

あと一条君はピックが投げるの巧いよ!
梅沢春人先生は、なんであんなファンタジー漫画書いたの!!
なんで!?何あのデザイン!何で編集で止めなかったの!?なんで!?
若島津君がキーパーを辞めてFWやってる姿を見て以来
僕のドキドキが止まりません。空手で鍛えただけあって凄い!

吉岡がjohn of arcを聴いているとのことなので
しりとりで、「c」から始まるキャロルキングのIt's too lateを聴いて
今日にさようなら。明日もよろしく。明後日はわがらんなぁ。
試聴できますん
060601_2304001.jpg


てなわけで、全国のショップに置いてあるインターガイドにて
7.sevenperiodの曲が試聴いただけます。

さらに、僕らのサイトで他の曲も試聴出来ますので
偶然このブログを見てしまったあなたも是非聴いて下さい。

■today's my ipod

I Wanna Be Your Boyfriend/ramones
she's bringing you down/vibrators
london girls/vibrators

Crossroads/Bone Thugs N Harmony
Change The World/Bone Thugs N Harmony
Oh I think They Like Me/Dem Franchize Boyz

shout to the top/the style council

You Really Got/the kinks
The Cyrkle/Red Rubber Ball
The Astronauts/Kuk
Love So Fine/Roger Nichols&the small circle of friends
Don't Take Your Time/Roger Nichols&the small circle of friends
this week's my i pod list
umbabarauma/Jorge Ben
hermes trimegisto escreveu/Jorge Ben
carolina carol bela/Jorge ben & toquinho
comanche/the revels
walkin'/terrace
I Wanna Be Your Boyfriend/ramones
baby baby/vibrators
london girls/vibrators
yeah yeah yeah/vibrators
wrecked on you/vibrators
whips and furs/vibrators
sweet sweet heart/vibrators
automatic lover/vibrators
☆shout to the top/the style council





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。