※トップ以外に表示されます。自由に編集してください。

サンプル画像468/60
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
くもー
060903_0148001.jpg


僕のルームメイトです。
左のぺリエの1リットルビンと比較してそのサイズが判ると思われます。
僕の手のひらと丁度同じくらいの大きさです。

ゴキは嫌いですが、くもは不思議と大丈夫です。
足がいっぱいあってカワイイ。足多すぎ。かわいいねぇ。
はなみずー
060903_0141001.jpg


弦と、グライコと、ディレイを拾いました。

ベースに関しては、あとはキャビネットがあれば完璧。

以前に「立派なのは機材だけですか?」という意見を
もらったことがありますが、僕らは自分達が使っている機材を
こんな機材使ってるんだぜすごいだろ的な意味での「立派」だと
思ったことなんてなくて、あくまで自分が出したい音を出す為の
「最低限の工夫」だと考えています。

理想の音というものがあったとして、
そこに至る手法は何通りもあるわけです。
それは、練習であり、知識であり、道具であり、精神であり。
その中で、誤解を恐れずに言うのであれば「金」で解決できるのならば
それが自分の労働で得た金であるならば、一番手っ取り早い
手段だと思うのです。

それに、イメージしている音が明確に見えているときに
その音に近づけないというのは想像以上にストレスなのです。
この辺はやる側の一方的なエゴかもしれませんけどね。
でもやるからには納得いく音で演奏したいのです。

わかってくれとはいわないけれど、譲れない部分です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。