※トップ以外に表示されます。自由に編集してください。

サンプル画像468/60
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
楽器おもしれー。
店長とスタジオに行きジャムる。
コレは面白い。

色んなタイプのドラマーと、セッションがしたくなった。
別になんかうまく弾けなくたって、リズムを作ってくプロセスが
面白いのだ。そうきたか。みたいな。
しかも、相手の癖がわからないから
いやがおうにも耳がドラムにいく。聴かないと破綻する。

オッサンの話が病的に長いこと以外は
あそこは、かなり素晴らしいスタジオだな。
タムの音が伸びる。マスターワークスとかいうセット。
遠くから来る客が多いのもうなずける。
ただし、おっさんの話はハンパない。気絶したくなる。

フレージングが粘っこいと言われた。
どうやら現在の自分はそちらのタイプのプレイヤー傾向にあるようだ。

ただ、ここぞのパワーというかキレがないのもよくわかった。
ライブハウスで前に出てこないのは俺によるところがでかいな。
キレというかメリハリだな。
ボトムに居ながら、前に出る。意識せねば。
まだまだ、だらしない。ドラムに完全に負けるときが多々あった。
その辺の、いつものバンド演奏とは違う部分で自分を
客観視できるのは素敵な体験だ。

フカワとは、密接なコンビネーションを。
奴のクレイジーホワイトなドラミングは味が出始めている。
あんたはリンゴスターだ。ドタバタしながら走る馬車のような。
華麗で繊細でオシャレなドラムなんて、その辺のイケメンに任せとけ。
泥にまみれろよ。

そして他のドラマーとは観察能力を磨く修行。
色んな人とジャムリたいな。
なんか、その人のデフォルトのリズムってのがあって
店長はシアターブルックとか好きだから非常に波長が合った。
素晴らしき予定調和というか、こうきたら、
そりゃ次はこう来るしかないだろ的な。

つまり、自分の文法ってのがあって、んなもんイチイチ意識しながら
弾いても面白くないから考えちゃいなかったけど
その文法ってのは、ソイツの宝モノなんだなって思った。
音楽聴きまくったり、曲作りまくったり、いろんなやり方で
構築されてくるんだろうけど、俺も変にそこをアピールする為でなく
ナチュラルにコイツは、モノ持ってんなと感じさせるプレイヤーに
なりたい。しかも実用的な。

レゲエの2ドロップが自然に出るドラマーと
今度はやってみたいな。
今のところあの人だけだな。あいつはグレートだ。
すげー研究してたもんな。楽しみながら。彼女はかっこいい。

一回のジャムで、意識はホントに変わる。
もっと、もっと。
スポンサーサイト








ブログ管理人にのみ表示を許可する

trackback_url
http://sevenperiodlovesyou.blog58.fc2.com/tb.php/49-b8f1b317
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。